故人の遺品をどうするか話題になったら

遺品整理専門業者がおこなう遺品整理。業者によってはそれぞれの宗派の信頼できる僧侶を依頼してくれる遺品供養サービスをしてくれます。

遺品整理安心ガイド

故人の遺品をどうするか話題になったら

お通夜は、お葬式の前に執り行うお別れの儀式です。

儀式と言ってしまうと形式的なイメージがありますが、遺族や近親者だけで行う最後のお別れです。

遺族が集まって、故人の思い出を語り、悲しみを共有する最後の夜になります。

ここで、遺品整理のことをどうしようかという話題になることも少なくありません。

今回は【遺族が集まるお通夜で遺品整理の話題がでた場合】について掘り起こしてみましょう。

◎故人がお住まいになっていた部屋の片付け!

これが遺族でできない場合は遺品整理専門業者に依頼をして代行してもらうことが増えています。

業者によっては、それぞれの宗派の信頼できる僧侶を依頼してくれる遺品供養サービスをしてくれるのです。

なにもせずにそのまま廃棄してしまうのは、何となく気にかかる場合もあります。

それならば、こういったサービスを使うこともありです。

お通夜で、こういった話しがでるシーンが増えているようです。

参考までに…https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1345312128

◎遺品は買い取ってもらうこともできるのです!

お通夜やお葬式の後、ご家族やご親戚が遺品整理をすることもありますが、故人が高齢の場合は、ものを大切にしている場合が多く、遺品の数が膨大になります。

そんなときは、大切な遺品を丁寧に取り扱って仕分けしてくれる遺品整理専門業者がいいでしょう。

女性スタッフ指定OKのところもありますし、買取サービスをしてくれるとリサイクルできます。

大切な遺品ですから、リサイクルして利用してもらうと故人も救われると思います。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加